仙台あさひ法律事務所

〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目10番17号
仙台一番町ビル7階
TEL 022-399-6483
FAX 022-399-6482

個人の方のご相談

法人の方のご相談

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら

不運にも交通事故に遭ってしまった場合、事故処理の専門家ではない被害者としては、身体の痛みや精神的ショック、怒り等から、どのように対応すればよいか、適切な判断ができないケースが多いのではないかと思います。
事故直後は、相手方に何を言われようと、まずはともかく警察に連絡することです。警察への連絡をしないことで、後に事故状況などについて立証の手段を失い、その結果、実際の事故状況と異なる事故態様を前提とした結論に従わざるを得ない場合もあります。
そして受けた損害の賠償を求める局面においては、法律や判例の知識や実務経験が必要になりますので、法律専門家である弁護士へのご相談を強くお勧めします。
このとき、加害者が任意保険に加入していれば、加害者側の交渉担当者は、その保険会社の担当者なるものと思いますが、保険会社からの提案は、必ずしも法律上、要求される適正なものとは限りません。

保険会社の提案が適正なものかどうか、法的・実務的な観点から検証するのが、弁護士の役割です。
また、治療を継続しても、なかなか症状の改善が見られない状態になったような場合、「症状固定」と判断され、 保険会社から治療費の支出が打ち切られたり、また、必ずしも妥当ではない後遺障害等級の認定がなされてしまう場合があります。
これらの判断が不当であるといえる場合には、弁護士は、保険会社に対して治療費支出の継続を求めたり、後遺障害等級認定に対して不服を申し立てる等の活動も行います。

このように、弁護士は、交通事故によって被害を受けた方のために、最大限その利益を実現できるよう、サポートする役割を担っています。 当事務所では、交通事故紛争処理機関での実務経験を経た弁護士が複数名在席しており、その他の弁護士も複数の交通事故案件に日常的に対応をさせていただいております。     このように交通事故案件の経験が豊富な弁護士が皆様のために全力で解決に当たります。
以下では、交通事故による損害賠償に関して問題となりうる点をいくつかご紹介いたしますが、 具体的な結論は事故状況や被害状況により異なる場合がありますので、交通事故問題でお困りの際には、一度当事務所までご相談下さい。